MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年度アルバム Top5

2011.01.05

category : 2010年度アルバム Top5

あけましておめでとうございます。
就職活動も本格的に始まったり諸事情があったりで、今年は今まで以上に更新が減ると思いますがどうか引き続きお付き合いください。


アルバム Top5

No.1 group_inou/_(アンダーバー)

group_inou - _

トラックメーカーimaiとMCのcpによるエレクトロニカ/ヒップホップユニットgroup_inouの2ndアルバム。
1stを超えられるか...?と不安はありましたが予想を上回る完璧なアルバムを彼らは出しましたね。リスニングアルバムだった前作に比べ解放感があり、ライブも想定された作りになってます。今年もの凄い回数リピートしたアルバム。

アルバムリリース時のレビューはこちら

No.2 Saori@destiny/WORLD WILD 2010

Saori@destiny - World Wild 2010

AKBオーディションに落選した経緯を持つSaori@destinyの2ndアルバム。
これはもう贔屓目なしに大絶賛するしかない!ファンキーコタフィジットなどクラブミュージックの色々なジャンルのおいしいどころどりをしつつ、非常に高品質なポップスに仕上がっています。本当の神曲達が詰まった確実にもっと評価されるべきアルバム。プロデューサーTerukadoの手腕もさることながら、彼女の作詞能力も特筆するべきものがあります。

アルバムリリース時のレビューはこちら

No.3 the brilliant green/BLACKOUT

the brilliant green - blackout

デビュー当初からのメンバーで、バンドの核であるサウンドを支えていたギターの松井亮が脱退したにも関わらず、最初から存在しなかったかのような振る舞いがファンから反感を買っている前作から8年ぶりにリリースされたthe brilliant greenの5thアルバム。今作ではそういった事情があるにも関わらず原点を謳っていて、ブリグリらしいメロディーはそのままに、緊張感あふれる作品に仕上がっています。

No.4 Drake/Thank Me Later

Drake - Thank Me Later]

客演やEP、ミックステープなどで名をあげ、アルバムデビュー前にして大絶賛されていたDrakeの1stアルバム。
いやこれまたかっこいい。彼の歌うようなガラガラしたオートチューンラップも良いですが、アルバムを通して徹底した作りになっていて全く隙のない作品になっています。彼を手掛けるBoi-1daNoah "40" Shebibの仕事が素晴らしいのはもちろん、Swizz BeatzTimbalandのトラックも凄まじい出来でした。

No.5 Ciara/Basic Instinct

Ciara - Basic Instinct

本作のエグゼクティブプロデューサーであるThe-Dreamにまでアルバムの制作中に“彼女の復帰は恐らく無理だ”と言われてしまい、結果過去最低の売上を記録中の4thアルバム。しかし内容はなかなかで、3度目の共演となるLudacrisを迎えたクールなRideAKBよろしくなHeavy Rotation、哀愁溢れる壮大なプロダクションのミッドSpeechlessなど良曲揃いです。あと彼女に必要なのは決定的なヒット曲でしょうね。完璧なパフォーマンスに反比例して、いまいち今までのヒット曲がどれも小粒なのが致命的なんだよなぁ...

アルバムリリース時のレビューはこちら

No.5 Ke$ha/Animal
Ke$ha - Animal

飯島愛みたいな輸入盤ジャケはさておき、Max Martin&Dr.LukeというUSポップ界の職人による2010年代への突入を宣言した現在のアーバンポップの見本市のようなアルバム。分かりやすいポップかつキャッチーな楽曲にウィットに富んだKe$ha自身が手掛ける歌詞や、Nelly Furtado?M.I.A.を思わせるラップ混じりの歌唱も彼女の楽曲を他のエレポップと差別化させている要素の1つでしょう。グラミーに全くノミネートされてないことも話題になってますが、ポップスなんて楽しんだもん勝ちだし、下世話でナンボでしょ!ということを再認識させてくれたアルバムでもあります。

アルバムリリース時のレビューはこちら

とまぁアルバムはこんな感じです。今年はアルバムの選考はかなり悩みました。
というのも曲単位では好きな曲多いんですけど、アルバムとなるとあまり聴けてない作品も多かったので、アルバム単位で良く聴いたものを中心に選んでます。あと5位が二組いるのは勘弁してくださいwどちらも外せませんでした。

ということで....


2010年度の楽曲単位のベスト30もやっちゃいます!!!
乞うご期待←←←
スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。