MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nicola Roberts - Cinderella's Eyes

2011.10.25

category : Pop

Nicola Roberts - Cinderellas Eyes

UKではかなりの人気を誇るGirl's AloudのメンバーNicola Robertswill.i.amとガッツリタッグを組んで大成功したCheryl Coleに続き、今回ソロデビューアルバム“Cinderella's Eyes”を完成させました。正直Girl's Aloudについては名前を聞いたことがある程度であまり興味も無かったんですが、このアルバム...なかなか面白いです。

まずは先行シングルの1.Beat On My Drumですが、なんとDiploがプロデュースに関与してます!!!Nicola本人と、Sophie Ellis-BextorThe Horrorsなどの楽曲を手がけているフランス人プロデューサーDimitri Tikovoiがペンを揮ったこの曲はM.I.A.臭が満載。Nicolaもラップを果敢に挑戦しています。
2ndシングルの2.Lucky Dayはモロにカイリーを彷彿とさせるユーロダンスナンバー。DragonetteDanielが楽曲に関与してます。を始めカイリーチックな楽曲が多く収録されているのがこのアルバムの特徴。
ガガ meets カイリーなシリアスめの5.Porcelain heart、UKのエレポップユニットMetronomyが手がけたマイナー調の6.Iではアジアンな装い。
突き抜けた清涼感のあるキラキラした8.Say It Out Loud。ところどころで最近のエレクトロの影響を感じさせるものの、80sど真ん中な質感の9.Gladiatorなどなど良質なダンスポップが満載。

アルバムを通して聴いて思い浮かぶのは、やはりカイリー
DragonetteなどのエレクトロバンドやDiploなどを招いて、ひと癖あるダンスポップアルバムに仕上げてます。
わかりやすいキャッチーな曲が並んでいるわけではないですが、アルバム1枚に統一感もありますし。
もうちょっと売れても良さそうな内容なんだけどな。カイリー好きはマストです。

1.Beat On My Drum





おすすめ曲♪...
スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

Cody Simpson - Coast To Coast

2011.10.05

category : Pop

Cody Simpson

オーストラリアのジャスティン・ビーバーとして注目度急上昇中の14歳、Cody Simpson君の日本企画盤“Coast To Coast”についてレビュー。
Youtubeのカバー動画で注目されて...という経緯なんかはモロにビーバーですが、まぁ戦略としては最近多いパターンですよね。

まずは冒頭の2曲はDanja(!)プロデュース1.Good As It Getsのサビで聴かせるちょっとクリブラっぽいボーカルを含め、大人っぽさをアピールする楽曲でしょうね。Danjaがその名を轟かせた06年頃の作風に近い、彼が得意とする乾いたスネアが印象的なトラックです。
続いて抑え目なボーカルが印象的な2.Crazy But TrueJessie McCartney辺りが歌いそうな甘い曲ですね。ちょっとLeavin'に似てるかも。
本作からの1stシングル3.On My Mindは壮大なスケール感が漂うアメリカンな1曲。ちょっとボーカルの抜けの悪さが気になるかも...
声変わり前の楽曲5.All Dayはモロにジャスティンですねw“レディオレディオ~♪”のフレーズ含め可愛いです。
クレジットを見ると、お馴染みのLil' Eddie、そしてなんとNext Selectionの秘蔵っ子Krys Ivoryの名前が!!!彼女って曲も書けるんですね~
リラックスしたムードの6.Angelはカントリーっぽいノリ。
Bei Maejorがペンを振るい、近年活躍がまざましいDJ Frank Eが手がけた甘酸っぱい8.IYiYi
ポップシンガーのアーバン曲に客演させると、Flo-Ridaはやっぱり上手いですね。あいやいや~♪
7.Round of Applauseも爽やかでいい。この曲ではコーディーくんが作詞作曲してるみたいです。

うーんなかなか充実した内容ですね。日本盤は1st EPと2nd EPの編集盤なので、これを買えばEPは買わなくてもいいでしょう。
やはり声変わり前のがぶっちぎりで出来が良いんですが、声変わり後のハスキーなナヨ声の方がR&B度高くて、曲には合ってますね。

ビーバーがちょっと苦手...って人でもコーディーくんなら聴けるんじゃないでしょうか。
ただ、どう見てもビーバーくんの二番煎じということで大ヒットは難しい気がしますが、ポテンシャルは彼同等...もしくは上なんじゃないでしょうか?おすすめです。

おすすめ曲♪...

comment(0)  trackback(0)

Lady GaGa - Born This Way

2011.05.25

category : Pop

Lady GaGa - Born This Way Cover

洋楽を普段聴かない人にも圧倒的な知名度を誇り、ちょっとした社会現象にもなったLady GaGa
1stアルバム“The Fame”からは3年、ミニアルバムの“The Fame Monster”からは2年を経てリリースされた全世界待望の2ndアルバム“Born This Way”についてレビュー。

しっとりしたAメロBメロに反してサビでハウスっぽくアッパーに展開する1.Merry The Night
まずはタイトル曲となった2.Born This Way。日本でもAndroid auのCMですっかり御馴染みですね。マドンナの某曲にクリソツだと言われてますが、そんな下世話な感じも彼女らしくてまた良し。キャッチーなエレポップですが、ロックっぽい要素も感じられます。
オペラなイントロから始まる、ダークなエレクトロサウンドが印象的な3.Government Hooker
Bad Romanceをロッキンにしたような本作からの2ndシングル4.Judas
早い段階から収録されることが予告されていた、デジロック+フラメンコといった趣きの5.Americano
サウンドを変えればKelly Clarksonが歌ってもよさそうなくらいアメリカンな6.HairRedOneらしいキャッチーさが良いです。
エレクトロの音色を取り入れつつ、トランシーなサウンドが意表をつくものの、サビで一気にガガっぽく展開する7.Schiβe
ここまでのアッパーな流れを変えて、ミディアムで厳かな雰囲気漂う8.Bloody Mary
80s音楽のダサさとカッコよさの中間といった感じが色濃く出た9.Black Jesus + Amen Fashion
ノイジーなギターを絡めた80sディスコサウンドが炸裂した10.Bad Kids。80sアメリカンポップスの王道と言った感じの11.Fashion Of His Love
タイトルに反してアルバム中で一番エレクトロ度が高い13.Heavy Metal Lover。エレキギターがガンガン効いた80sダンスサウンドで、マドンナっぽい歌唱を聴かせる14.Electric Chapel
これまたアメリカンポップス全開で、マイリーサイラスが歌ってもよさそうなくらいキャッチーな15.The Queen
ガガがファンだというQueenからギタリストのBrian Mayが参加したバラード16.You & I
3rdシングルとしてヒット中の“The Edge,The Edge,The Edge~♪”というフレーズが耳に残る17.The Edge Of Glory


全体的には1stでの良い意味でのチープさは交代し、ロック色が強くなってます。2ndでロック色を強めてアーティスト色を強めるというのは、よくあるパターンですね。メロディは前作以上にキャッチーになっているんじゃないかな。

1曲1曲の出来は良いんですけど、1stや,Fame Monsterでファンになった人からするとちょっと違うかな...となりそうな内容ではあります。あと前作までと比べると、一聴しただけで耳に残るようなインパクトのある曲は減ってます。

ちょっと気合いが入り過ぎてるかな?ということと、良い意味でのチープさが消えて普通っぽくなったところがちょっと残念ですが、良くできたポップアルバムだと思います。

しかし普段洋楽を聴かない層までを虜にした1stのシングル群はスゴかったんだと再確認しました。
1stでファンになった普段洋楽を聴かない層はこのアルバムで消えるんだろうなぁ。
それにしてもこの人面バイクなジャケは...

おすすめ曲♪...

comment(0)  trackback(0)

Natalia Kills - Perfectionist

2011.05.15

category : Pop

Natalia Kills - Perfectionist

BEPwill.i.amAkonのレーベルが合同で送りだすUKの新人アーティストNatalia Killsの1stアルバム“Perfectionist”についてレビュー。彼女は全くの新人というわけではなく、7歳の頃から子役として活躍し、05年にはVerbalicious名義でUKのシングルチャートでTop20ヒットを出しているんです。そんな彼女がNatalia Killsとしてデビューし、Far East Movementのアルバムに参加したことで注目を浴びた今、満を持してアルバムリリースに至ったという経緯のよう。

まず注目は、このアルバムで多くを手がけたFeemstarなるプロデューサー。彼は、Hip HopやR&Bアーティストと仕事をする事が多かったようで(マイケルの出る予定だった新作にも関与していたそう)、ポップ畑の仕事は彼女が始めて。
ここでは鬼気迫る厳かな雰囲気の2ndシングル2.Wonderland,ロッキンなイントロから始まるサビがガガっぽさ全開な5.Break Your Hand,思わず“ももももー♪”と合いの手を入れたくなっちゃう10.Superficial,14.If I Was Godの4曲を担当。どの曲からもガガっぽさが感じられます。

そして彼と同じく4曲を手がけたのがJeff Bhasker。彼はKanyeの最新作と前作にクレジットが確認できるくらいで、新人のプロデューサーのよう。
彼の手がけた曲をざっと紹介すると、ピアノの音色が心地よく、本作でも屈指の曲のクオリティの高さを誇る3.Free,プロモーションシングルとして早くからリリースされていた、ゴシック色が強い本作では異色の出来の5.Zombie,タイトル通りの雰囲気のドリームポップ12.Heaven, Billy Kravenなるラッパー?をフィーチャーしたガガStarstruck風なサビの12.Nothing Lasts Forever

あと注目しておきたいのが,ガガBorn This Wayガガと共同プロデュースしたFernando Garibay,6.Love Is Suicide11.Brokeを手がけているところかな。特に前者はカッコいいです。

いつも以上にプロデューサーの名前ばっかり挙げてしまいましたが、洗練されたゴッシク的なビジュアルの割には曲に彼女の独自のものが感じられないんですよ。
とにかくガガっぽいメロディの曲が並んでいて、ガガの新作?という感じ。1曲1曲のクオリティも高いので、余計に“The Fame”の焼き直し感は否めません。
彼女は全曲で作曲に関わってますが、このあからさまなガガっぽい曲群は彼女がキャッチーなメロを作る能力に長けているのか、それともAkonInterscopeの狙いなのかはよく分かりません。
プロモーションリリースされていたを聴いた時は、今のアーバンポップにしては異色な曲だったのでワクワクしましたが、蓋を開けてみれば予想以上にクオリティの高いガガ風ポップといった感じで尖った内容を期待していたので少し残念でした。

ただ、アルバム自体のクオリティは“The Fame”にも勝る出来と言っても過言ではないです。
あと売れるかどうかはプロモーション次第かな...

彼女を一言で言えば、“ゴシック色を足したLady GaGa”


おすすめ曲♪...,,

comment(0)  trackback(0)

Miranda Cosgrove - High Maintenance

2011.05.15

category : Pop

Miranda Cosgrove - High Maintenance

映画“School of Rock”で名をあげ、テレビドラマ“iCarly”でブレイクしたティーン女優Miranda Cosgrove嬢の2ndEP“High Maintenance”についてレビュー。

アヴリルMax Martinという“What The Hell”と同じ布陣が提供した“What The Hell”そっくりな先行シングル1.Dancing Crazy。サビのラップからは1stアルバム“Sparks Fly”に楽曲提供していたKe$haっぽさも感じられます。
シンセを散りばめたデジタルポップロックなタイトル曲2.High Maintenance。なんとWeezerリヴァースがここでは作曲と客演で参加しています。
PCD“I Hate This Part”Kylie Minogue“Get Outta My Way”をヒットさせたLucas Seconが、新たにミランダ嬢の大人っぽい面を引き出した3.Face Of Love
Shotelleの昨年の2ndに収録されていたポップバラード曲を、原曲に忠実にカバーした4.Kiss You Up
しっとりしたバラードを思わせるタイトルながら、シンセが鳴り響くアッパーな5.Sayonara。作曲にはなんとBonnie Mckee嬢のクレジットが!!彼女は今となっては裏方として着実にキャリアを積んでますね~

といったように、なかなか豪華なEPになってます。
曲もどれも良いですしね。ただし1stの日本盤に②以外は全曲収録されてるので、輸入盤の1stを買った人向けかな。
後はリヴァースとのタイトル曲が聴きたい人以外は、秋元才加みたいな写りのジャケの1stの日本盤を買えば良いと思います。

おすすめ曲♪...,,

comment(0)  trackback(0)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。