MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Javiera Mena - Mena

2010.12.23

category : World

Javiera mena - Mena

チリのシンガーソングライターJaviera Mena(ハビエラ・メナ)の2ndアルバム“Mena”についてレビュー。
今作ではUKのエレポップバンドLadytronDaniel Huntが参加している曲も収録されています。
今作も基本的には前作のちょっと懐かしいディスコシンセポップ路線を踏襲してます。

ストリングスが使われたラップまで披露する1.Ahondar en ti
先行シングル2.Hasta La Verdadはバイオリンを導入したディスコのズンドコリズムに哀愁漂うメロディが乗る絶品。
陽気なディスコチューン3.Primera Estrella

などなど今作も期待を裏切らない安心の内容です。
例えるなら暖かい陽だまりのような...休日の昼下がりにまったりしながら聴きたいアルバムです。

おすすめ曲♪...全曲素敵です。

1stアルバム“Esquemas Juveniles”のレビューはこちら
スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

M.I.A. - / \/\ /\ Y /\ (MAYA)

2010.08.19

category : World

M.I.A. - MAYA

前作“Kala”収録の“Paper Planes”がUSでロングヒットし、一躍セレブになったM.I.A.の約3年ぶりとなる3rdアルバム“/ \/\ /\ Y /\ (MAYA)”についてレビュー。
今作では前作とはほぼ変わらずSwitch,Diplo,Blaqstarrという布陣。そして先日のブログでも紹介したダブステップ界からRuskoを迎えています。

バスドラがズドドドッ!と連打される緊迫したムードのイントロ1.The Message。いきなりトゲトゲしい金属音が縦横無尽に飛び交う攻撃的でロッキンなRuskoプロデュースによる2.Steppin Up。この曲をはじめ今回はRuskoが大幅に作品に関与しています。続いてはサビの“えクセくせぇくせぇ糞?♪”のフレーズもキャッチーで前作でいうJimmyポジションのポップな3.XXXOはBlaqstarrとの共同プロデュース。この曲はアルバムからの2ndカットで,Jay-Zをフィーチャーされたバージョンも発表されてます。M.I.A.本人とSwitchを含む4人でプロデュースした賑やかな6分にも及ぶ4.Teqkillaは今をときめくフィーメールラッパーNicki Minajをフィーチャーしたバージョンが公式でフリーダウンロードできます。
前作におけるSwitchの作風をシリアスモードに転換させたような5.Lovalot。これまたRuskoっぽさ全開のブーミーな6.Story To Be Told。一転してゆったりしたレゲエ風のDiplo作7.It Takes A Musle。Blaqstarrが手掛けたアラビアンな8,It Iz What It Iz
そして空気を一転させるSuicideの“Ghost Rider”をサンプリングしたハイテンションな9.Born Free。PVはつまらんし最低ですな。JusticeStressのPVも手掛けてる監督らしいけど、どっちも最悪だわ。話題造りとして一番単純。
そして10.Meds And Fedsもハイテンション。ここでは大幅にギターをフィーチャーしバスドラがドカドカいうド派手な曲。
11.Tell Me WhyはDiploが単独でプロデュースした本作でのアラビアンな曲Part.2。
13?のボートラは従来のヒップホップ色が強めの曲が並び、中でも16.Caps Lockは新境地じゃないでしょうか?ちょっと気だるい雰囲気漂うボーナストラックにしておくには勿体無い出来。この曲が実質このアルバムのラスト曲かな。

はっきり言って彼女の一番の駄作。
1作目のスリランカからやってきた!という野生的なカラーと魅力は消え、2作目での世界各地を機材を持ってかけ歩いた結果もたらされたカラフルなサウンドも影を潜め、ちょっと型にはまってしまったかなという印象。つか今までの路線+ギターやらドラム強調とかどんだけ安易なの?ロックしか普段聴かない層や幅広い層にアピールするには手っ取り早いやり方なんだろうけど...M.I.A.にそれはやってほしくなかったな。一番つまんないパターンの新機軸の打ち出し方じゃん。Diploなんか参加しておきながら今作について酷評してるし。まぁ彼の場合は個人的な事情もありそうなんで真に受けない方がいいんでしょうけど。

元々Ruskoが絡む時点でやばい予感はしてましたが、ずばり的中した感じ。Ruskoは作れる音の幅がそんなに広くないので彼が関与した曲は先日レビューした“O.M.G.!”の曲と数曲アイディアが被ってるのに加え、Switchもいまいちやる気のない仕事っぷり。前作で駄目駄目だったDiploが結構いい仕事してるのが何とも皮肉です。これは完璧にM.I.A.本人のアイデアのせいですね。アートワークも今回は失笑もの。この出来じゃ終わったと言われても文句は言えないと思います。でもロキノン方面には受けそうな音になってるので、ターゲットを変えたと思えば納得かな。前作や前々作が好きで買うなら要試聴です。

おすすめ曲♪...?,?,?,?,?

comment(0)  trackback(0)

Javiera Mena - Esquemas Juveniles

2009.05.26

category : World

Javiera Mena - 1st

チリのアーティストのJaviera Mena(ハビエラ・メナ)の1st。
ジャケが気になり購入。発売当時タワレコ店頭では結構押されてました。
女性版BECKとかポップに書かれてたなあ...
ジャケなんですが,同じく南米のJuana Molinaの名盤Segundoを手がけたチームによるものみたいです。

内容なんですが,柔らかいアナログシンセの音にポップなメロディが心地良いです。
曲もバラエティ豊かで,フレンチポップが好きな人も気に入りそう。
80sのカッコいいところだけじゃなくちょっとダサいところも取り入れてたりしておもしろいです。
アコースティックな曲も彼女の落ち着いた声にピッタリ。

おすすめ曲...?,?,?,?,?

comment(0)  trackback(0)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。