MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Uffie - Sex Dreams And Denim Jeans

2010.06.23

category : Techno,Electro

Uffie - Sex Dreams And Denim Jeans

ついに...ついに出ました。Uffieたんのアルバム。

いきなり興奮気味ですみませんw今回はUffie(アフィ)のデビューアルバム“Sex Dreams And Denim Jeans”についてレビュー。
俺が彼女を知ったのが2006年の暮れ。もう約4年が経つのか...海外の音楽ブログで本作にも収録されている“Pop The Glock”“Ready To Uff”“In Charge”“Hot Chick”を聴いてこれは良い!と衝撃を受けたことに始まります。それからEd Bangerのレーベルコンピなどで小出しに音源をリリースしつつも,07年にアナウンス済みのアルバムは延期を続けていました。そして出産と結婚を経て2010年,レーベルメイトから鉄壁のバックアップを受け堂々アルバムデビューしたわけです。はい。

冒頭を飾るのは,気だるい舌足らずのラップと浮遊感あるトラックで世界の早耳リスナーをとりこにした彼女の代表曲&エレポップのクラシック殿堂入り曲1.Pop The Glock。この曲のプロデュースはレーベルメイトのFeadz。彼はこの曲の他にも彼らしい遊び心が炸裂した12.Brand New Car、どこか切ないチャイナチックなアルバムを締めくくる14.Rickyを手掛け、エグゼクティブプロデューサーとして本作を指揮。そしてFeadzと共に本作の鍵を握るのがMirwaysMr.Oizoの2人。

Mirwaysはマドンナの諸作などで有名ですね。彼は本作で共作含め4曲に関わっていて、USヒップホップシーンからN.E.R.D.のファレルを迎えた(なんでも東京にイベントに来た時に偶然知り合ったことがコラボのきっかけだそう)涼しげなアフィのラップと“A.D.D♪S.U.V♪”のフレーズが耳に残る3.ADD SUV、伝説のバンドThe Velvet Underground“Rock & Roll”をサンプリングしたタイトルトラック8.Sex Dreams And Denim JeansSiouxsie and the Bansheesのカバー13.Hong Kong Gardenをプロデュース。
そしてもう1人は“Flat Beat”のヒットで知られるMr.Oizo。彼は淡々とした奇妙でダークなトラックにアフィのクールなラップが冴え渡る2.Art Of Uff、本作からの先行シングルにもなったハイテンションで捲くし立てるとにかくファンキーな激アツチューン5.MCs Can Kiss、ヒップホップっぽさも窺わせるポップで能天気な11.Neuneuを単独でプロデュース。

後はFeadzMr.Oizoが共同プロデュースで80sディスコ感たっぷり&切なさ120%のアイドルっぽく歌う歌物チューン7.First Love、ラップしつつもどこかフレンチポップの香り漂う儚げな9.Our Songという2曲を手掛け、アフィたんと共にアルバムリリースが期待されつつも実現していないEd Bangerの鬼才SebastiAnが遊園地でのワクワク感を思わせるポップなトラックを提供した6.Difficultで参加。元The RaptureMattie Saferを迎えた10.Illusion Of LoveではMirwaysとアフィたん本人が共同プロデュース。FeadzとJ-Matなるプロデューサーによる冒頭ロッキンなギターが入りつつも、ふわふわした夢見心地なトラックも相まって彼女のガーリーな魅力全開の4.Give It Way

とまぁいつも以上にかなりの長文になってしまいましたが、そのくらいの充実作なんですよこれ。
小悪魔っぽいアフィのキャラと舌足らずなラップ、ガーリーな歌唱と声。そしてJustic以降のエレクトロブームをKitsuneと共に牽引したEd Bangerの面々のUS&UKで流行のエレポップとは一線を越すサウンド(それが悪いわけではない)との相性はやはりバッチリですね。
蓋を開けてみると結構歌物が多かったり、“Hot Chick”などのキラーチューンが未収録に終わったのは意外だったかな。
ニカっぽいトラックやクセの強いトラックも多いので、キャッチーな女子エレポップアルバムが聴きたくてKe$haとかGaGaの流れで聴いた人はちょっと???な内容かも。


とりあえず言えるのは、あと3年早くリリースされてたらなぁ...ということ。
エレクトロブーム全盛期に出してたら確実に大ヒット&大注目されてたと思うだけに、そこだけが残念かな。


おすすめ曲♪...全曲!中でも???は神懸かってます。
スポンサーサイト

comment(2)  trackback(0)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。