MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSiC JUiCE的 2010 年間楽曲 Top30 ?

2011.01.24

category : MUSiC JUiCE的 2010 年間楽曲 Top30

なんか自分の選曲に華やかさが無いなぁ...と自信がなくなってきましたw
しかしここからは激戦区です!!(個人的に)

では続いてTop20?11位です。

No.20 Diddy-Dirty Money - Hello Good Morning feat. T.I.

Diddy - Hello Good Morning

DiddyDiddy-Dirty Money名義でリリースしたT.I.をフィーチャーしたアップ。転調もカッコいいですし、プロデューサーのDanjaの才能が存分に発揮されてます。T.I.のキレのいいラップも爽快です。目立ってないけどDiddyはとりあえずいるだけでいいです

No.19 Justin Bieber - Somebody To Love feat. Usher

Justin Bieber - Somebody To Love feat. Usher

今年何気に活躍していたThe Stereotypesがプロデュースしたジャスティンのオトナ化計画シングル。シングル化に際してUsherとの再び師弟タッグを組み話題になりましたね。ジャスティンのおこちゃまボイスとUsherの色っぽい声の対比がおもしろい1曲。

No.18 Fantasia - Bittersweet

Fantasia - Bittersweet

Chuck Harmonyが手掛けた3rdアルバムの先行シングルで、Fantasia復活曲。
今までのファンテイジアのアルバムと比べグッと落ち着いたサウンドを展開していたアルバムの中でも、この曲での彼女のボーカルは特に輝いていました。やっぱり俺は彼女の甘いハスキーボイスが大好きです。

No.17 W-inds. – Nothing Is Impossible


w-inds. - Another World

W-inds.のR&Bファンからの注目を浴びた最新アルバム“Another World”からの1曲。
オリエンタルな音使いやオートチューンボイスなど現行USシーン&K-Popの影響を受けたと思われるこの曲は個人的にヒットでした。それにしてもKEITAは相変わらずしんどそうに歌うなあ...

No.16 松下優也 - YOU

松下優也- YOU

なんかドタバタしてるし、日本語の発音も韓国人みたいだな?と当初思ってた俳優業もこなす松下優也の5thシングル。
聴けば聴くほどなんか好きになりました。ラップも地味に得意な彼が一人二役こなすこの曲は、USっぽさを意識しつつも、若干20歳という彼の若さゆえの勢いを感じるアップでした。

No.15 Trey Songz - Bottoms Up feat. Nicki Minaj

Trey Songz - Bottoms Up

オールドスクールな面を強調して売り出された頃が遠い昔のように感じる程、現在のR印のエロ&ヒップホップ経由のR&B路線が板についてきたTrey Songzの4thからの1stシングル。Nikci Minajのオルターエゴである“Roman Zolanski”の怪演も話題になりました。

No.14 Ciara - Speechless

Ciara - Speechless

最新アルバムが大コケしたCiara嬢のアルバムからの2枚目のシングルに選ばれたミッドバラード。
元々はこの曲のプロデューサーであるThe-Dreamが客演していたバージョンでいく予定だったようですね。Drakeの一連の作品を思わせるような壮大さを感じるプロダクションに負け気味なCiaraのボーカルもこれはこれでまた良いかと。

No.13 少女時代 - Genie(Japanese Version)
SNSD - Genie

現在KARAと共に日本での第二次K-Popブームを牽引している少女時代の日本デビューシングル。
なぜこの曲を日本デビュー曲にしたのかが全くもって謎ですが、その歌詞の通り段々“癖になる”曲。
しかし冒頭の“お呼びですか??”はいかがなものか...

No.12 Aira Mitsuki - WHY TWO?

Aira Mitsuki - Three Question

結局何が???なのか全くわからなかった最新アルバムからのリード曲。
この曲のメロディの良さと透明感のあるトラックとの化学反応は素晴らしい。Airaの曲の中でも完成度はかなり上位なんじゃないでしょうか。

No.11 Drake – Thank Me Now

Drake - Thank Me Now

鮮烈なデビューを飾り、まだフルアルバムを1枚しか出していないにも関わらず、確固たる地位を築いているDrakeの1stアルバムからのラストを締めくくるこの曲。なんと意外にもTimbalandのプロデュース。ラストを締めくくるに相応しい壮大な1曲になってます。
スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。