MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Fantasia - Back To Me

2010.09.04

category : R&B

Fantasia - Back to Me

American Idol(以降:アメアイ)のシーズン3で優勝したFantasiaの約4年ぶり3rdアルバム“Back To Me”についてレビュー。このアルバムのリリース前に不倫報道がされ、大量のアスピリンを服用し自殺を図ったりと(救急車で運ばれ自殺未遂に終わる)ゴシップを賑わせている彼女ですが、これまでも数々の逆境を乗り越えてきた彼女。このぐらいは屁でもないでしょうし、このアルバムを聴けばそんなゴシップなんか全く関係ないことがわかります。前作では週間で約13万枚の好セールスを記録するものの、発売週が激戦だったこともありTop200で19位という不本意な結果になりました(総セールスは約53万枚)。しかし前作からは“When I See U”という特大ヒットが生まれ、アメアイの恩恵が0に等しいここ日本でも徐々に名前が知られるようになりました。
前置きが長くなりましたが、個人的に彼女が大好きなんですよw最初に衛生放送のPVを紹介する番組で“Truth Is”を聴いた時に彼女の圧倒的な説得力のある歌力に一発で打ちのめされて以来大ファンです。ではレビューを。

まず1曲目はAliciaMonicaが歌っても似合いそうなシンプルなピアノとビートと控えめな電子音を配した1.I'm Doin' Me。この曲をプロデュースしたChuck Harmonyは続く本作からの正式な1stシングル2.Bittersweetもプロデュースしてるんですが...
イントロから泣かせる気かwwwww
Claud KellyNe-Yoがペンを奮ったこの曲の普遍性はもちろん、彼女のパワフルかつソウルフルなボーカルがまた...最高ですね。
一転してサウスっぽい軽快な3.Man Of The House。売れっ子Los Da Mystroプロデュースのピアノトラック4.Who's Been Lovin' You。メロも綺麗で清々しい1曲。
Oakがプロデュースしたしっとりと聴かせる5.Collard Greens & Cornbread。それにしてもOakは本当に引き出しが多い!こういったソウルクラシックをサンプリングした曲もAshley Tisdaleみたいなアイドルポップロックも、現行のシンセトラックみたいなのも作れるんだからその多彩っぷりには頭が下がります。
MissyMonicaJazmine Sullivanに提供しそうなソウルフルな落ち着いたスロー6.Teach Me。コーラスワークが前述したJazmineっぽい,レトロな質感を漂わせる7.Move On MeNovelがプロデュースしたハッピーな8.Trust Him
Cee-Loが客演したIssac Haysの曲をサンプリングしたソウルフルな9.The Thrill Is GoneJim JohnsinRico Loveという旬な二組が手掛けたメロディアスな10.Falling In Love Tonight
Justin Bieber“Somebody To Love”,Danity Kane“Damaged”などを手掛ける注目株Stereotypesが手掛けたピアノループが印象的なシンセ使いも今っぽい晴れやかなミッド11.Even Angels。当初はこの曲が先行曲の予定だったんですが奮わず...良い曲だけど確かにシングルにするにはもう少しパンチに欠けるかも。
最後は本人が出演していたミュージカル“The Colour Purple”から壮大な12.I'm Here。ここでのボーカルの弾けっぷりはさすが。

いやぁこれはまた充実作が飛び出しましたね...全米チャートでも4年ものブランクがあり、大ヒットしたシングルも無いにも関わらず全米2位、そしてR&Bチャートでは堂々1位を獲得しました!
今回これまでになくR&Bファンから熱烈な絶賛を受けているだけあって、かなり濃厚な内容。前作までとはガラッと制作陣が変わったのも功を奏してます。てか前作からのヒット“When I See U”を手掛けたMidi Mafiaや仲の良いMissyすらいないとは...かなり思い切った選択だと思いますが、この内容じゃそんなことも気になりませんね。今まではロドニー作のアップやDanjaの変態曲などを乗りこなしつつも、どこかアルバムでは浮いていた感じがありました。しかし今回歌に焦点の当たる楽曲を集めたことによりこれまで以上にボーカルが活き、よりソウルフルなアルバムに仕上がりました。喉の手術をしたようなのでどうかな?と思ったんですが、CDで聴く限りでは特に影響は無さそうですね。

2010年、全R&Bファンに聴いてほしい大傑作!!!!!

おすすめ曲♪...特に?
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。