MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Nicki Minaj - Pink Friday

2010.12.19

category : Hip-Hop

Nicki Minaj - Pink Friday Deluxe Edition

ついに出ました。恐らく今年1番注目されているであろうデビューアルバム、Nicki Minajの“Pink Friday”です。
M.I.A.“XXXO”Trey Songz“Bottoms Up”Usher“Lil Freak”Lil Wayne“Knockout”...などなど数え切れない程の客演をこなしヒットさせている彼女。Hip-Hop、R&B以外のアーティストへの客演となるとJeffree Starrのデビュー作にも参加してましたね。
頭角を現した当初のリル・キム風なビジュアルからドラッグクイーン風のビジュアルにイメチェンしたことにより、注目を集めるようになり“黒いレディー・ガガ”と呼ばれるようにまでムーブメントを巻き起こしました。
彼女は自分のアルバムが売れるかどうかが不安でしょうがなかったようですが、蟹江には負けたものの見事2位(37万枚)を獲得。これはローリン・ヒルに並ぶ記録だそうで、とりあえずヒットしているようです!おめでとうニッキー!!ではレビューといきましょう。

のっけからどポップで若干拍子抜けしてしまったサウステイストの1.I'm The Best
ニッキーのカラフルな世界にいざなうようなイントロ的な意味合いがある1曲に感じました。
一転してシリアスなEminem客演の2.Romance RevengeSwizz Beatzプロデュースのこの曲はEminemにOKをもらうまで何度もSwizzに作り直してもらったそう。気迫あふれるトラックに合わせてニッキーもパワフルで奇天烈なラップをかまし、Eminemもかなり気合いの入ったライミングを披露。お互いが刺激を受けて高めあっているようなこの曲は鬼気迫るような迫力がありますね。
続くBangladesh製のドープなトラックに合わせニッキーのダークな人格が姿を現す3.Did It on'emM.I.A.っぽいフロウもはまってます。
Joe Satriani“Always with Me, Always with You”のイントロをサンプリングした、フック部分もニッキー自身が歌っているメロウな2rdシングル4.Right Through Me。この曲では今までと一転してソフトな面をアピールできていると思います。
JR.RottemプロデュースでRihannaを客演に迎えた?に続き、これまたポップな歌モノ5.Fly
ドラムンっぽさを散りばめた、Drakeの曲っぽい浮遊感のある6.Save Me。プロデュースはOak。取り立てて話されることが少ないプロデューサーですけど、彼ってほんと作風の幅が広いんですよね...敬服します。
Drake客演でT-Minusプロデュースのオルゴールのループが切ない7.Moment 4 Life。フックで歌う彼女のボーカルがちょっとRIhannaっぽいですね!
バグルス“Video Killed The Radio Star”を大胆にサンプリングしたwill.i.amとの共同名義でリリースしたキャッチーな8.Check It Out。PVのハングルはwill.i.amK-Popグループ2NE1に関わっているからという事情があるそうです。原宿バービーを名乗っているニッキーですが...アジアならなんでもいいんでしょうな;
Simple Minds“Don't You (Forget About Me)”使いのシンセトラックに蟹江客演の9.Blazin'
そして10.Here I AmSwizz Beatzがまたしてもカッコいいトラックを提供してますね?!昔の自分自身に宛てた11.Dear Old Nicki
○○の楽曲への客演でなく、ソロとして初の大ヒットとなった Annie Lennox“No More I Love You's”使いの12.Your Love。彼女はまさかこの曲をカットするとは思ってなかったようですね。世の中分かんないもんです←←
最後はNatasha Bedingfieldとの異色のタッグを組み、Natashaの楽曲に客演しました。というような、ヒップホップ要素の薄い13.Last Chance


うーん想像してた以上にポップというか...やたら歌いますねぇ彼女。
ヒップホップというよりはアーバンポップ集といった感じですかね。でも同じYoung Money所属で時の人となった奴隷苦も、トラックはヒップホップからかけ離れてましたし,,,これはこれでありなんでしょうね。
個人的に“Bottoms Up”、“Lil Freak”でのインパクトが強く、奇天烈なラップがアルバムでは聴けるのでは...!と思ってただけに少し残念です。
正直言って俺はニッキーの歌じゃなくてラップが聴きたいんだよ!リアーナっぽい歌い口が悪いとは言わないけれど、あくまでラップで魅せてほしかった。
歌モノやふんわりした楽曲が多いだけにが際立って聴こえるのが何とも皮肉。まぁそのための意図的な構成なんでしょうけど、あと数曲オオッ!!っと唸るような曲がほしかったな。曲はどれも良いし、ポップアルバムとしては良いんですけど...先行リリースしてたMassive AttackがヒットせずにYour Loveがウケたからしょうがないのかな。(良い意味で)キモくて良かったですけどね、アレ。
しかしこれも各方面から注目を浴びている彼女だからこそ成せた内容なのだと思うと納得かも。


おすすめ曲♪...
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。