MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

まとめ【Perfume - JPN】

前作“?”から約2年4ヶ月ぶりとなるPerfumeの4枚目のアルバム“JPN”についてレビュー。オリコンでは初週2 …

まっとめBLOG速報・2012.11.05

TB*URL

Perfume - JPN

2011.12.08

category : J-Pop

Perfume - JPN

前作“⊿”から約2年4ヶ月ぶりとなるPerfumeの4枚目のアルバム“JPN”についてレビュー。
オリコンでは初週22万枚を売り、ウィークリーチャート1位を獲得し、前作の初動も超えたようです。すごい。
ボクは前作のレビューで“次回作はガラッと構成を変えてくるのでは?”と書いたんですが、やはり少し変えてきましたね。
まずは“GAME”“edge”のような、所謂ファンがいうところの音モノトラックが無くなったことでしょうか。
これについては中田ヤスタカの最近のモードでしょうね。以降のヤスタカの外部仕事でもそういったトラックはあまり提供してないようですし。ということでレビューを。

アルバムは荘厳な雰囲気の1.The Openingでスタート。Liar GameOSTでのヤスタカ仕事っぽい音がPerfumeのアルバムで聴けるということにまず驚き。
そして2.レーザービーム (Album-mix)。どことなく懐かしさと和を感じるメロディのこの曲はリミックスver.で収録されています。アレンジは原曲をチョップで刻みまくったという感じ?ちょっと素人っぽいリミックスでげんなり...
間髪入れずに始まる先行シングルのカップリング曲3.GLITTER (Album-mix)。原曲とは違いサビ始まりになっていて、5分40秒を超える長尺になっています。オリジナルよりも“GLITTER GLITTER~♪”のフレーズが強調されてますね。
続いては本作収録曲の中で最も古く、ライブでのチルアウト曲と化してしまっているファンク色の強い4.ナチュラルに恋して
ここからやっとアルバム新録曲。まずはplastic smile+Zero Gravityな携帯恋愛ソング5.MY COLOR
そしてMEG“MOSHIMO”や、きゃりーぱみゅぱみゅ“きゃりーのマーチ”でも見せた、ヤスタカ流の童謡?のPerfumeバージョン6.時の針。最初聴いた時は謎でしたが、実質この曲がインタルード代わりになってますね。シングル曲が多いこのアルバムのクッション的な役割なのかな。
そして2010年最後にヤスタカが本気を見せた“ねぇ♪ねぇ♪”のフレーズが呪文のように響く7.ねぇ。この曲のトラックのアタック感の強さは久々...と当時感じていたんですが、もうリリースから1年以上経ってるんですね。
アイドルポップど真ん中過ぎる歌詞とメロディがファンの中でも議論を巻き起こした、タイトル通り爽やかな8.微かなカオリ
Perfumeが初のラップの挑戦した9.575。楽曲の凝った構成もさることながら、それに合わせてクルクルと表情を変えるトラックも面白い。こういう楽曲がしれっと収録されているのがすごいところ。
そしてシングルとは逆の並びで10.VOICE。どこか緊張感のあるオリエンタルなメロディに、いつもより幼いボーカルが乗る佳曲。全編ユニゾンなのはシティ以来?歌詞が全く何のことを言っているのかが分からない点もこの曲の神秘性を高めています。
続いて、これまでになく伸び伸びとしたボーカルを聴かせる新曲11.心のスポーツ。ライブで盛り上がりそうですね。
コンベス期のPerfumeを彷彿とさせる12.Have a Stroll。大サビ前のかしゆかパートが強烈な13.不自然なガール
そして綿密に練られたハウス~アンビエントトラック+ちょっと切ないメロディの14.スパイス。この曲はGAME以降最高傑作じゃないでしょうか。


新曲群はどれも柔らかめの楽曲で印象が薄いんですが、シングルだらけのアルバムにおいてクッション的な役割をまっとうしてくれているので、アルバム全体としてはバランスは事前予想よりも良かったです。
前作“⊿”GAMEと同じ構成で、より大衆にアピールしようとして失敗した作品だったので、今回はその反省を活かして作られたのではないでしょうか。アルバム曲においても、中途半端なユーロ歌謡や全く特徴の無いハウストラックは姿を消し、05~07年辺りのヤスタカワークスを彷彿とさせる楽曲が収録されているという点は、停滞気味だったPerfumeにとって大きな進歩でしょう。
そしてシングル曲もといった名曲も収録されていますし、確実に前作は超えています。
あとは微妙な数曲が無ければ...惜しい。あと次回作は新録曲多めでお願いしたいところ。


♪Perfume - JPN CM♪





CMが無駄にカッコいいぜ!!!!



おすすめ曲♪...


前作“⊿”のレビューはこちら

前々作“GAME”のレビューはこちら
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

まとめ【Perfume - JPN】

前作“?”から約2年4ヶ月ぶりとなるPerfumeの4枚目のアルバム“JPN”についてレビュー。オリコンでは初週2 …

まっとめBLOG速報・2012.11.05

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。