MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.07.19    編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.08.11    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

まとめ【SHINee - THE FIRST】

2011年春に本格的に日本デビューをしたSHINeeの日本語盤デビューアルバム“THE FIRST”をレビュー。元々日 …

まっとめBLOG速報・2012.11.05

TB*URL

SHINee - THE FIRST

2011.12.27

category : K-Pop

SHINee - The First 初回

2011年春に本格的に日本デビューをしたSHINeeの日本語盤デビューアルバム“THE FIRST”をレビュー。
元々日本デビュー前からK-Popファンの間では人気の高かった彼ら。震災の影響でデビューが遅れていたそうですが、それにしてもリリースペースが早過ぎるような。本国韓国だけでなく、海外での活動も多くこなしているようですが、彼らの体調面とかSMエンタは考えてるんですかね?完全に商品として扱われてるのがちょっと不憫...

そんなわけで日本デビューから5ヶ月半でリリースされた本作ですが、既発曲5曲+韓国での人気曲2曲の日本語歌い直しverが収録されていて、純粋な新曲は5曲(通常盤は6曲)というファンからすればちょっと物足りない内容。しかし熱心なファン以外への自己紹介盤としては出来は良いと思います。

まず冒頭を飾るのは韓国本国での2ndアルバムのタイトル曲で、中毒性のあるエレクトリックなトラックと念仏的なメロディが癖になるアップ1.LUCIFER。何かと議論になる日本語版の歌詞はSTY氏(三浦大知etc.)が担当。
事務所の先輩を意識したのか?と思わせる、SHINee版の東方神起“Purple Line”といった趣きの強烈なアップ2.Amigo
ハイスクールミュージカルに出演していたCorbin BleuのDeal With Itの韓国語版3.JULIETTE。原曲は一昔前のディズニーなダンスポップ...といった感じですが、シンセメインのアレンジに一新されていてカッコよくなってますね。原曲超えしているカバーだと思います。クレジットにはJay Seanの名前も。
ここからやっと日本オリジナル曲ゾーンに。これまた先輩の東方神起が歌いそうな泣きの入ったミッドバラード4.BETTER。コーラスワークが秀逸ですね。メインボーカルのジョンヒョンの声が生きてます。
宇宙をテーマにした歌詞が壮大な5.To Your Heart。開放感のあるメロディと伸び伸びとしたオニュのボーカルがとても良い。
スウィートなポップR&Bの6.Always LoveはJ-Popチックなメロディ。ちょっとThe-Dreamっぽいプロダクションですね。
そして日本デビュー曲にして大名曲7.Replay-君は僕のeverything-。日本語版はメンバー人気の影響でテミンがメインボーカルになってますが、柔らかい声質の彼ではなく原曲と同じくジョンヒョンでいってほしかった...しかしメンバーのボーカリストとしての資質の高さ、重厚なコーラス、甘酸っぱさの残るメロディ、ほんのりソウルっぽさも滲ませたトラック...ポップR&Bとしては120点の出来です!!!!!
8.STARTと同路線の曲。しかしここまでポップだと、ちょっと彼らっぽくないかも。
お次はファンク色の強い9.Love Like Oxygen。ちょっとマイケルっぽいこの曲ですが、デンマークの歌手の05年のヒット曲のカバー曲だそう。
グループの自己紹介的な位置づけの11.The SHINee World。この“SHINee World”というのは彼らのファンクラブのことだそうで、ファンクラブの人達に宛てたと思われる歌詞もありますね。曲自体はちょっと古臭いアップ...ラップ担当のミノの“カリスマミンホゥ~♪マイネーミズミンホゥ~♪”が何度聴いても笑えます。笑
ラストはストリート感を漂わせたダークな12.Seesaw。クールでカッコいいです。
通常盤のみのボーナストラック13.Strangerはちょっと意図的なちょいダサ感(褒めてます)を感じますね。


とまぁ長々と書いてますが、結構あっさりしたアルバムです。良く言えばアルバム曲とシングル曲が馴染んでるんですが、アルバム曲があっさりし過ぎかな。どの曲も佳曲の域を脱していないというか、安牌を置いてきたなぁという印象。東方神起な、開放的なメロディが心地良いみたいな曲は良いんですが、はちょっとつまらなかったかも。
彼らのグループとしての個性は、まずボーカルグループとして個人個人のボーカリストの力量の高さが挙げられると思います。歌唱力に難ありとされているメンバーですら、他のグループで言えば普通レベルなのでは。
そして彼らの巧みなコーラスワークもあって、R&B色が強いグループでもあります。所謂フックソングSHINeeの場合少ないです。

欧米の作家から楽曲の提供を受けていることが多い彼らですが、K-Pop、J-Pop、洋楽といった枠組みには囚われず、男性(ボーイズ)R&B曲好きにはマストな内容だと思います。


♪Love Like Oxygen -Japanese Version-♪



♪To Your Heart♪



おすすめ曲♪...

韓国盤2ndリパッケージアルバム“Hello”のレビューはこちら
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.07.19    編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.08.11    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

まとめ【SHINee - THE FIRST】

2011年春に本格的に日本デビューをしたSHINeeの日本語盤デビューアルバム“THE FIRST”をレビュー。元々日 …

まっとめBLOG速報・2012.11.05

TB*URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。