MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

AYUSE KOZUE - A♥K

2009.11.06

category : J-Pop

ayuse ak

2006年にRhythm & Beautyという強烈かつ反感を買いそうなキャッチコピーでデビューした自ら作詞・作曲・そしてトラックメイキングもできてしまうというシンガーAYUSE KOZUEの1stアルバム“A♥K”についてレビュー。

鮎瀬本人のプロデュースによるキラキラした1.Introからスタート。
スチャダラパーのBOSEをフィーチャーした彼女のポップな魅力を生かしたTOWA TEIプロデュースの先行シングル2.Sandae Love
デビューシングルで彼女のルーツであるR&Bっぽさが感じられるTOWA TEIプロデュースのハウスポップ3.boyfriend
時の人として当時活躍していたRasmus Faberプロデュースの爽やかな4.FOLLOW MEはコーラスが印象的。
鮎瀬とTOWA TEIが共同でアレンジを手掛けたヒップホップユニットGAGLEのHungerを迎えたミッドチューン5.24/7
サビでSowelっぽいボーカルを披露する女の子度全開な切ない6.C.M.M.(DUMEEZ rmx)
鮎瀬本人が全てを手掛けたピコピコした音使いが楽しいリラックスした7.KONOMAMA
ギターベースが効いたbumble bee客演の?と同路線な8.思い出すよ
一転してシリアスなムードが漂う9.forgive meは男性のバックボーカル含めR&Bの影響を強く感じる1曲。
immiなどが所属するGrand FunkのMasao Nisugiがプロデュースしたどこか温かみを感じさせる10.No Way
シンセでAPOGEEの大城嘉彦が参加したとことんキラキラしたポップな再始動第一弾シングル11.eyes to eyes
So' FlyのGIORGIO CANCEMIがプロデュースを手掛けたミッドバラード12,Pretty Good
m-floのtaku☆takahashiがプロデュースしていたシングルver.とは異なり本人が制作していたデモver,での収録となった13.君の優しさ(Demo version)

アルバムの構成としては前半と後半にシングル曲をもってきて,間にアルバム曲を挟むという珍しい構成です。
本気になれば全て自分で出来るんでしょうけど,ゲスト陣とアレンジを共同で手掛けることによって曲に彩りが加えられてます。1曲1曲の出来は良いんですが中盤ちょっとダレるかな...
ボーカルにあまり個性が無いし,曲もアレンジも良いけど,なんでもできる優等生止まりな印象がちょっと残念かな。あともう一つ個性がほしいです。

既出のシングルが良い感じなので,約2年振りに今月11月18日にリリースされるアルバム“Simply Good”に期待!!

おすすめ曲♪...?,?,?,?,?,?
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。