MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

最初は、「うわぁ、やっぱり暗いな~」と思ったんですが、
何回か聞いていくうちに、
これはこれで今のRihannaにしか作れない作品でいいなと思いました。
それにしても、最初はダンスホール系の一発屋候補だったのに、
数年間でこんな風に変わるなんて想像もしなかったなぁ。
人間的にすごく強い人なんでしょうね。

2009.11.29  ピタ  編集

> ピタさん

状況を逆手に取ってるというか,上手いですよね。
当初は同期のティアラの方がアルバムのチャートアクションも良かったですもんね~存在感も1stの頃は薄かったですし。
Jay-Zに溺愛されてたりと運もかなり強そうですし,いずれ出るであろうデラックス盤含め,これからまだまだ色んなを見せてくれそうです。

2009.11.29  かめっぷう@  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Rihanna - Rated R

2009.11.27

category : Pop

Rihanna - Rated R

前作“Good Girl Gone Bad”からのシングルが軒並み大ヒット,その後のChris Brownとの交際→DV報道以降沈黙を守ってきたRihanna。ジャケからしてダークなイメージが漂う本作。中身もこれまでとは一転しています。

UKのドラムン&ダブステップユニットChase & Statusがプロデュースした約1分半のイントロ的な1.Mad House。ホラー映画かよ...って感じの幕開け。
The Wait is Ovaと繰り返すフックが頭に残るStargateとChase?の共同プロデュースによる?と同路線のドロドロした2.Wait Your Turn
The-DreamとTricky Stewartの黄金タッグが手掛けたピアノの旋律がドラマティックに響くアップ3.Hard。Young Jeezyのラップが焦燥感を掻き立てる感じで良いですね。
Ne-Yoがペンを執ったクリブラとの一連のゴシップを連想させる歌詞の悲壮感の漂うバラード4.Stupid in Love
ドリームとトリッキーが手掛けた元ヴェルベットリボルバーのSlash(!)がギターで参加したダークかつロッキンな5.Rockstar 101
?に続きNe-Yo制作のクリブラとの一連の事件を連想させる1stシングルにもなった壮大なバラード6.Russian Roulette
BoAのUSデビュー作やJessie McCartneyの出世作で活躍していたBrian Kennedyがポップロック的なアプローチをとった7.Fire Bonb
ゴシックなトラックにStargateのキャッチーなメロが乗った8.Rude Boy。Rihannaの歌唱も表情があって良いです。
思い出を回想しているようなWill.i.amとの半デュエット曲9.Photographs
80sっぽいトラックとメロの旋律が哀愁を漂わせる11.Te Amo。後半のラテンっぽい転調とクラップも味になってるかと。
Ciaraの“Fantasy Ride”でも2曲提供していた新進気鋭のプロダクションチームThe Y'sが手掛けJustinがソングライトに関わったミッド12,Cold Case Love
仄暗い雰囲気を漂わせた壮大なバラード13.The Last Song後半でのギターソロがダサい気が...

前作までとはまた路線を変えてきましたね?ReloadedのDisturbiaがこの路線への布石だったのかも。
クリブラとの報道を受けて(と思われる)とことんダークかつコンセプチュアルに纏めてきました。てか作品出すたびにどんどんブラックミュージックから離れていってるなぁ...
プライベートのゴシップな話題を作品に転化させるという手法は,MadonnaやBritneyなど時代を駆け抜けてきたポップアイコンが行ってきたそれと一緒ですね。
作品によってスタイルやサウンドを変えても歌い手の個性が埋もれることが無いという点でも先に挙げた先人達に通じる面があります。
アルバムの内容としても良曲揃いで捨て曲が見当たらないんですが,シングルヒットしそうな曲が少ないかな...間違いなく日本受けは悪いでしょうね。
バルバドスから出てきたダンスホール系の楽曲を歌う小悪魔的な女の子から,時代を象徴するアイコンへの脱皮を印象づけられたアルバムです。

おすすめ曲♪...?,?,?,?,?,?
スポンサーサイト

コメント

最初は、「うわぁ、やっぱり暗いな~」と思ったんですが、
何回か聞いていくうちに、
これはこれで今のRihannaにしか作れない作品でいいなと思いました。
それにしても、最初はダンスホール系の一発屋候補だったのに、
数年間でこんな風に変わるなんて想像もしなかったなぁ。
人間的にすごく強い人なんでしょうね。

2009.11.29  ピタ  編集

> ピタさん

状況を逆手に取ってるというか,上手いですよね。
当初は同期のティアラの方がアルバムのチャートアクションも良かったですもんね~存在感も1stの頃は薄かったですし。
Jay-Zに溺愛されてたりと運もかなり強そうですし,いずれ出るであろうデラックス盤含め,これからまだまだ色んなを見せてくれそうです。

2009.11.29  かめっぷう@  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。