MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ん~、このアルバムは衝撃的でしたね。
まさかTimbalandが全面プロデュースするとは。
好きな曲が結構収録されてたんですけど、"Showtime"の刹那的な雰囲気がすごく好きですね~。

2010.02.06  musiqmusiq  編集

> musiqmusiqさん

おぉ!Showtime良いですよね!
俺も多分このアルバムの中では1番好きです。
ティンバが全面プロデュースってビックリでしたよね~

2010.02.06  かめっぷう@  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Nelly Furtado - Loose

2010.02.01

category : Pop

Nelly Furtado Loose_cover

04年にGwen Sterfaniがアーバン系プロデューサーを多数招いて80sの雰囲気を感じさせるのアーバンポップアルバムをヒットさせて以降,アーバン勢プロデューサーがこぞってポップ系アーティストと絡み始めました。
そして06年に現在の音楽業界の流れを作るきっかけとなったアーバン×ポップの決定的な作品が登場しました。それがこのNelly Furtadoの3rdアルバム“Loose”。
デビュー当時からMissy ElliottやTimbaland勢と絡んでいたので全くアーバン要素が無いアーティストというわけではなかったのですが,ここでガッツリTimbalandと組んだことにより彼女の新たな魅力が開花し,シーンをガラッと変える程の素晴らしいアルバムになりました。

TimbalandファミリーのラッパーAttitudeとのシリアスな1.Afraid
前述したGwen Stefani“Hollaback Girl”を彷彿とさせる地響きのようなドラムが印象的なUKでの先行カット2.Maneater
Timbalandとの掛け合いも楽しいUS Hot100で6週連続1位を記録したティンバの復活を決定づけた3.Promiscuous
DanjaとTimbalandの世界全開なブリブリなトラックにネリーの声が呪文的に響く4.Glow
一転してコーラスが綺麗なDanjaが単独プロデュースしたミッド5.Showtime
彼女のルーツであるスペイン語が組み込まれたジャングルっぽい民族的な音使いがエキゾチックな6.No Hay Igual
以前にデュエットしたこともあるラテン界の貴公子Juanesとの情熱的なラテン曲7.Te Busque(Juanesの世界デビューに合わせてのレコ社が持ちかけたデュエットだったらしい)。
彼女にとって?に続き2曲目のNo.1ヒットになったクールな8.Say It Right
Gwen Stefaniを彷彿とさせる80sなちょっぴり切ないメロディの9.Do It。この曲はパクリ騒動で盛り上がりましたね。
Rick Nowelsと組んだ,従来のネリーのファンも納得なバラード10.In God's Hands
アルバム中で完全に浮いてしまっているアコースティックな日本盤ボーナストラック11.What I Wanted
Timbalandらしさが出たアラビアンな12.Wait For You
ColdplayのChris Martinと組んだ切ないバラード13.All Good Things(Come To An End)
ネリーの歌い口がクールな全盛期ティンバを彷彿とさせるような変態トラック14.Let My Hair Down
Rick Nowelsとネリーが共同プロデュースしたラテン色の強い15.Someboy To Love

当初このアルバムでTimbalandとガッツリタッグを組むとアナウンスされた時,アーバンに詳しい人なら誰もが
「えっティンバってとっくに終わってるでしょ!今更?」という認識でした。
それがこのアルバムとジャスティンの2ndによって完璧に評価は覆り,MadonnaやBjorkと組む程の売れっ子に再び返り咲きました。以前とは違いポップ勢からの声が圧倒的に増えましたけどね。
しかしこの復活には後にBritneyの復活にも関わるティンバの弟子Danjaに因るところが大きかったんですよ。

刺激的なトラックにキャッチーなフックにポップなメロ。そしてネリー独特の歌い回しと声。この相性の良さには目を見張るものがありました。ネリーのエキゾチックな存在感もキャラに合ってて良かったんでしょう。
ただ評論家受けを狙ったようなChris Martinとのコラボとかアコースティックなナンバーは蛇足に感じるなぁ。どうせなら全部攻め切ってほしかった...

今年中に再びティンバ&Danjaとタッグを組み4年ぶりのアルバムを出すようですが,ティンバにもう当時ほどの勢いはなくなってるので,この作品を超えられるか...?となると微妙かな。

おすすめ曲♪...?,?,?,?,?
スポンサーサイト

コメント

ん~、このアルバムは衝撃的でしたね。
まさかTimbalandが全面プロデュースするとは。
好きな曲が結構収録されてたんですけど、"Showtime"の刹那的な雰囲気がすごく好きですね~。

2010.02.06  musiqmusiq  編集

> musiqmusiqさん

おぉ!Showtime良いですよね!
俺も多分このアルバムの中では1番好きです。
ティンバが全面プロデュースってビックリでしたよね~

2010.02.06  かめっぷう@  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。