MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Girl's Day - Everyday

2011.07.22

category : K-Pop

Girls Day - Everyday

AFTER SCHOOLmiss Aも所属するLOEN entertainmentが送りだすGirl's Dayが、ついに2ndミニアルバムをリリースしました。

まず注目なのが彼女達の出世曲3.Twinkile Twinkleが収録されていることでしょう。Youtubeで見たTV番組でのパフォーマンスは荒削りながらも、エネルギッシュでパワフル!!!!この曲は個人的に少女時代Geeに匹敵するくらい完成度高いと思うんですが...とにかくキャッチーで彼女達の若さとキュートな魅力が120%発揮されてると思います。(ベタ褒め)
その他には今作のリード曲2.Hug Me Onceもなかなか。③と同じ方が作曲してるとのことですが、ちょっと似たりよったり過ぎかな。エレポップ色の強い4.Nothing Lasts ForeverはUSのティーンアイドルが歌いそうな清涼感あふれるアップナンバー1.Young LoveSecretの新曲?と思わせるような、ロリ度高めの曲。これは蛇足。

とにかく③が良過ぎる。SecretApinkのようなブリブリ路線がトレンドになりつつありますが、正直言って微妙な立ち位置なんだし彼女達にはのような、コミカル&ハイテンション路線を貫いてほしいなぁと思ったり。


おすすめ曲♪...

comment(2)  trackback(0)

少女時代 - Girls' Generation

2011.07.22

category : K-Pop

少女時代 - Girls Generation

本国韓国では既に2枚のフルアルバムをリリースしていて、長らく日本版アルバムが待たれていた少女時代ですが、やっとフルアルバム“Girls' Generation”がリリースされました。セルフタイトルということで、彼女達の集大成といったところでしょうか。

初の日本オリジナル楽曲で、当時渦中の中だったKARAの大ヒット曲にタイトルを被せてきたことでも話題になった1.MR.TAXI。彼女達のクールな面が強調された楽曲ですが、キャッチーさは健在。ズクシ!ズクシ!ズクシ!が着信着信着信だと思ってたことは内緒です。
日本デビュー曲であり、それまでキュートな印象が強かった本国での彼女達のイメージを変えるキッカケとなった2.GENIE。それにしても“お呼びですか~”って...ありなの?w
3.youa-holicでのデジタルな質感と、どことなく感じる宇宙っぽさはもはやエレポップですね。K-Pop度は低いかも。
Ke$haが歌っていたことでも有名な、クール路線の4.Run Devil Run。“ありえな~い!”ってww
小悪魔的な魅力を見せる重めのビートの4つ打ちナンバー5.BAD GIRLにも増して重いビートが採用された、マリマン並みにダークな6.Beautiful Stranger。流麗なトラック、そしてサビがICONIQ“I.D.”を彷彿とさせる7.I'm In Love With The HERO。リプトンのCMで大量オンエアされていた爽やかな8.Let It Rain
E-TRIBEが手がけた大ヒット曲9.Gee。ちょっと間抜けなビートに乗る音の差し引きが面白い。
今作のリード曲にあたる10.THE GREAT ESCAPE。これガールズグループの理想的な曲じゃないですか?コーラスワークも各メンバーのパート分け&掛け合いも見事だし、ダンス曲としてのクオリティも本作の中ではズバ抜けてるかと。


少女時代のアルバムって韓国盤を聴いた印象だと、結構雑多だなぁというイメージがあったので、ここまでアップでまとめてくるとは思いませんでした。今作ではHIROを始め、マスタリングや制作陣に日本のスタッフが多く関わっていることもあって内容に統一感を出したのかもしれません。母国韓国ではクールなイメージよりもみんなのアイドルという印象が強い彼女達ですが、日本ではクール路線でいくんでしょうね。
ただ歌詞が...日本オリジナル曲はいいんですが、韓国語曲の日本語盤は歌詞がひどい。わざとなんだろうけど、ちょっとやり過ぎ。“短い命だWA!!”にはちょっと失笑...

全体としてはビートやトラックに凝った曲が多く、Geeのようなキュートなイメージを期待して聴くと肩透かしを食らうかもしれません。収録されている楽曲群はクオリティが高いので個人的には満足でした。しかしアルバム曲はどれも及第点は超えているものの、あと1曲パンチのある曲がほしかった,..というのは贅沢でしょうか?笑


おすすめ曲♪...

comment(0)  trackback(0)

SHINee - Hello

2011.07.13

category : K-Pop

SHINee - HELLO

SHINWHABoA東方神起、近年では少女時代Super Juniorf(x)をブレイクさせていて、K-Popブーム以前から多くのスターを輩出しているSM Entertainmentから08年に東方神起の弟分としてデビューしたSHINee。
そんな彼らの2ndアルバム“Lucifer”のリパッケージ盤“Hello”についてレビュー。

正直今のK-Popブームはガールズグループもボーイズグループも多過ぎてついていけない!!という人も多いのでは?
傾向としてはガールズグループに比べ、エレクトロ~R&B色が強いのがボーイズグループの特徴だと思うんですが、その中でもSHINeeが一番海外R&Bに近い音楽性のグループだと思います。

それもそのはず、楽曲の多くは海外のトラックメイカーによるものが多く、中でも俺がビビッときたのが7.A-Yo
ピアノの旋律が印象的なこの曲の原曲は、Denice Stoneというカナダの女性シンガーの曲だそう。詳しいことは分からないんですが、どうやらあのロドニーとも仕事したことがある人みたいです。ダイナミックなトラックながらも繊細な印象があって不思議。爽やかなイメージが強い彼らのイメージを刷新した1.Luciferは、クールなシンセトラックに妖しげなピコピコした音が散りばめられていて問答無用でカッコいい。
今回のリパッケージ盤のタイトル曲2.Helloは、Mohamed Aliという某ボクサーにそっくりな名前のX Factorに出演した歌手の楽曲の韓国語バージョン。彼ららしい爽やかな曲です。
そしてぶっ飛ぶのが4.Get ItSwizz Beatzが手がけたんじゃないか!?と錯覚する程のブーミーな変態トラック!!!
隙間の多いトラックにオルゴールの音色がアクセントになっている陽気なアップ5.Up & Down、ファンクっぽい味付けがされた6.Electric Heartもいい。ファルセットも上手いなぁ。
アップだけではなくバラードも良曲揃い。ちょっと前のTimbalandっぽい東洋色を押し出した8.Obsession、80sなシンセが切ない15.Love Painなんかは東洋のアーティストのアルバムだということを忘れさせる出来。


何曲かはやっぱり演歌っぽく聴こえてしまう曲もありますが、基本は現行のUSR&Bに沿っていてK-Pop色は割と薄いかな。
その強烈なキャッチーさで火がついたK-Popですが、確かにキャッチーなサビはあるもののSHINeeはあくまでR&Bに軸をおいてる印象を受けました。色々な曲が並んではいますし、アルバム毎にチャレンジはしているものの、基本軸はブれていないなぁと。あとリーダーのオニュの声が良いですね。

洋楽を聴いていた若者層がこぞってK-Popに流れていて、ちょっと悲しい現状ではありますが、普段USR&Bを中心に聴いている人が一番違和感なく聴けるのがSHINeeかなぁと思いました。他のアルバムではMarques Houstonの楽曲も歌ってたりしますしね。個人的に男性K-Popグループの中では一押し。


おすすめ曲♪...

comment(2)  trackback(0)

Dal★Shabet - Pink Rocket

2011.06.09

category : K-Pop

Dal Shabet - Pink Rocket

少女時代の爆発的ヒット曲“Gee”を手掛けたE-TRIBEが全力でバックアップする新生ガールズグループDal★Shabet(ダル・シャーベット)の2ndミニアルバム“Pink Rocket”についてレビュー。

Lil Mamaっぽいラップを披露する完全にヒップホップノリのパワフルな1.Shakalaka
そして表題曲の2.Pink Rocket。浮遊感がありつつもリズムがガツンとくるトラックは、まさに少女時代Geeを彷彿とさせるものの、更に凝った音が散りばめられていますね。ラップがアクセントになっているので甘過ぎません。
USのティーンアイドルっぽいノリのパーティーソングをエレクトロに味付けした3.Don't Stop
KARAの日本版1stの楽曲にも通じる、ちょっと懐かしい雰囲気のアイドルポップ4.Rollin Rollin

いやぁーこれまたレベル高いなぁ...
USの音を取り入れつつ、キャッチーに分かりやすく仕上げて結果的にオリジナルにしてしまうところがK-Popの魅力だと思うんですが、E-TRIBEはその中でもかなり器用なんじゃないかな?
そして肝心の彼女達ですが、ラップが意外と上手いところが他のグループとの差別化になっていると思います。こういうポップなイメージのガールズグループが、冒頭にヒップホップ曲もってくることってなかなかないでしょ。

このクオリティの高さだと、フルアルバムに期待がかかりますね。要注目のグループです。


おすすめ曲♪...

comment(2)  trackback(0)

4MINUTE - 4MINUTES LEFT

2011.05.25

category : K-Pop

4minute - 4minutes left

日本でのK-Popブームと言えば、KARA少女時代といったガールズグループがその人気を牽引している印象ですが、いち早く日本での本格進出を果たしていたのが今回紹介する4MINUTE
そんな彼女達の母国韓国での1stフルアルバム“4MINUTES LEFT”についてレビュー。

まずはなんと言っても大ヒットシングル2.Mirro Mirror(鏡よ鏡)でしょう!!
フィジット風の妖しいエレクトロビートを敷いたこの曲はサビの“甲羅甲羅♪”のフレーズも相まって、キャッチーかつカッコ良過ぎ!!アルバム中でも頭一つ飛びぬけた出来。
アルバムの先行シングルとして配信リリースされた爽やかに突き抜けた3.Heart to Heart
KARA辺りが歌ってもおかしくなさそうなキュートな4.Sweet Suga Honey!。一転して切ないバラードの5.Pretend
日本盤1stアルバムからの再録となる清涼感のある7.Already Gone
日本でのシングルを母国語で再録した8.First。冒頭のエンジン音含め、4MINUTE流ドライブチューンといった感じ。強烈なオートチューンをかけたダンス曲の印象が強い彼女達ですが、歌唱力もあるということを証明するまったりしたスロー10.Badly

全体的にいいけど、やっぱり飛びぬけてが良過ぎるかなぁ。というか、それ以外の曲がちょっと地味。
やっぱり“MUZIK”のインパクトは超えられないのか...!?


おすすめ曲♪...

comment(2)  trackback(0)

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。