MUSiC JUiCE

主にR&B,Hip-Hop,Pop,J-Pop,エレクトロ、テクノの新譜,旧譜の感想やレビューを綴ってくブログ。

プロフィール

かめっぷう@

Author:かめっぷう@
職業:大学生
趣味:食べ歩き
写真部で幽霊部員となぜか野球サークルやってます。

リンクフリーなんで自由にご自分のブログ等に貼っていただいてかまいません。むしろ是非。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B1A4 - Let's Fly

2011.10.22

category : K-Pop

B1A4 - Lets Fly

ポニーキャニオンコリアから今年デビューし、日本でもポニーキャニオンからデビューすることが決まった、2011年デビューのボーイズグループの中でも破格の成功を収めているB1A4。日本でも人気急上昇中のそんな彼らの1st EP“Let's Fly”についてレビュー。

リードシングルの1.OKはUSのポップロックっぽい突き抜けた爽快感がある曲。とにかくキャッチーで覚えやすいんですが、それ以上にメインボーカルのサンドゥルくんがかなり上手いです。
R&B度高めな3.Only Learned the Bad Thingsもなかなか。4.Bling Girlも程良くポップロックっぽいサウンドなんですが、USアーバンポップな仕上がり。ちょっとワルっぽい匂いを漂わせたエレクトリックな2.Rememberも良いですね。
5.Only Oneはスケールのデカいアメリカンなバラード。

彼らのキャラクターや衣装のポップさは、まさしくK-Pop!!と言った感じなんですが、サウンドは他のグループ以上にUSのサウンドとシンクロしてますね。
歌も上手いですし、捨て曲もなし。普段洋楽を聴いている人であれば違和感なく聴けるアルバムだと思います。
要注目グループ!!!!

おすすめ曲♪...

comment(0)  trackback(0)

Cody Simpson - Coast To Coast

2011.10.05

category : Pop

Cody Simpson

オーストラリアのジャスティン・ビーバーとして注目度急上昇中の14歳、Cody Simpson君の日本企画盤“Coast To Coast”についてレビュー。
Youtubeのカバー動画で注目されて...という経緯なんかはモロにビーバーですが、まぁ戦略としては最近多いパターンですよね。

まずは冒頭の2曲はDanja(!)プロデュース1.Good As It Getsのサビで聴かせるちょっとクリブラっぽいボーカルを含め、大人っぽさをアピールする楽曲でしょうね。Danjaがその名を轟かせた06年頃の作風に近い、彼が得意とする乾いたスネアが印象的なトラックです。
続いて抑え目なボーカルが印象的な2.Crazy But TrueJessie McCartney辺りが歌いそうな甘い曲ですね。ちょっとLeavin'に似てるかも。
本作からの1stシングル3.On My Mindは壮大なスケール感が漂うアメリカンな1曲。ちょっとボーカルの抜けの悪さが気になるかも...
声変わり前の楽曲5.All Dayはモロにジャスティンですねw“レディオレディオ~♪”のフレーズ含め可愛いです。
クレジットを見ると、お馴染みのLil' Eddie、そしてなんとNext Selectionの秘蔵っ子Krys Ivoryの名前が!!!彼女って曲も書けるんですね~
リラックスしたムードの6.Angelはカントリーっぽいノリ。
Bei Maejorがペンを振るい、近年活躍がまざましいDJ Frank Eが手がけた甘酸っぱい8.IYiYi
ポップシンガーのアーバン曲に客演させると、Flo-Ridaはやっぱり上手いですね。あいやいや~♪
7.Round of Applauseも爽やかでいい。この曲ではコーディーくんが作詞作曲してるみたいです。

うーんなかなか充実した内容ですね。日本盤は1st EPと2nd EPの編集盤なので、これを買えばEPは買わなくてもいいでしょう。
やはり声変わり前のがぶっちぎりで出来が良いんですが、声変わり後のハスキーなナヨ声の方がR&B度高くて、曲には合ってますね。

ビーバーがちょっと苦手...って人でもコーディーくんなら聴けるんじゃないでしょうか。
ただ、どう見てもビーバーくんの二番煎じということで大ヒットは難しい気がしますが、ポテンシャルは彼同等...もしくは上なんじゃないでしょうか?おすすめです。

おすすめ曲♪...

comment(0)  trackback(0)

きゃりーぱみゅぱみゅ - もしもし原宿

2011.08.20

category : J-Pop

きゃりーぱみゅぱみゅ - もしもし原宿

元いもうと倶楽部所属、現在はzipperKERAで読者モデルとして活躍し、テレビ露出急増中のきゃりーぱみゅぱみゅ
そんな彼女が以前からファン&親交があったという中田ヤスタカとタッグを組んでミニアルバム“もしもし原宿”をリリースしました。

まず注目は早くから公開されていた3.PONPONPON。MEGのOKに通じる07年頃のヤスタカの黄金期サウンドが炸裂してますね。サビでフレーズがリフレインしまくるのってヤスタカの外部仕事だと下手するとポリ以来久々じゃないですか?肝心のボーカルはMEGに通じるちょっと甘い&けだるい歌い方なんですが、良い意味で素人っぽいのでMEG程クセはないですね。
そしてトラックリストが公開された際に話題になった6.jellycapsuleの名曲のカバー。capsuleの楽曲のカバーと言えば、MEGBEAMdreamin dreaminをカバーしてましたね。で、このきゃりーjellyですが、capsulejelly(remix)を大人しくしたような仕上がり。キックが多少弱くなってます。きゃりーのボーカルも原曲の歌い方に忠実なので、ちょっとカラオケ状態かも。

そして聞き逃し厳禁なのが2.チェリーボンボン4.ちょうどいいの。前者はPerfume不自然なガールにそっくりなメロディですが、つまらないサビの不自然とは対象的で耳に残るサビですね。あとはトラックが結構ヤスタカっぽくないかも。80sシンセポップ全開なんだけど、メロディではヤスタカ節が炸裂しているという美味しいところ取りの1曲。後者はぐっと落ち着いて、ポップで奇天烈なイメージの強い彼女の新たな一面を魅せることに成功しています。この曲はここ何年かのヤスタカの楽曲でもトップクラスの出来じゃないかな。
5.ピンポンがなんないは浮遊感のあるZero Gravity+the best thingっぽい曲。ヤスタカが久々に煮込みソング(マカロニ以来)を作ってくれましたw彼氏の帰りを待つ女の子の心情をあまーくポップな楽曲に仕上げてます。


と、かなりの充実作です。正直最近のPerfumeの楽曲を聴いてヤスタカ離れしていたのですが、まだまだ全然良い曲が書けることが分かり安心。それと同時にここ最近のPerfumeの楽曲の失速ぶりが発注側にあることが露呈しましたね。チームPerfumeはこのアルバムを聴いて反省するべき。
きゃりーは良い意味で軽薄さや若さが売りの人なので先行曲のを聴いた時は、アルバムもとことんロリ&ふざけた内容でくるかと思いきや、少女から大人に変わる時の雰囲気が詰まった好盤でした。きゃりーが好きな人も嫌いな人も必聴です。


おすすめ曲♪...

comment(0)  trackback(0)

Beyonce - 4

2011.07.23

category : R&B

Beyonce - 4

誰もが世界No.1のディーバと認めるであろうBeyonceの4thアルバム“4”がリリースされました。
アルバムリリースの一ヶ月前のリークがあり、売り上げを心配する声もありましたが、今作も全米No.1をゲット。
先行シングルの不発にも関わらず、きっちり売ってくる辺りはさすが。

さてその不発だった先行シングルは12.Run The World (Girls)なんですが、Major Lazorの大ヒット曲をサンプルとして使っているわけで、アがらないわけがありません!!前作のSingle Ladiesに引き続き女性賛歌のアップなわけですが、なぜかヒットせず...この路線は飽きられたのかな。
2枚目にカットされたのはBabyfaceと共作したことで話題の4.Best Thing I Never Had。...てかビヨンセってこんな歌い方だっけ?1stの頃の方がはっきり言って好みです。ビヨンセのガナりはソウルフルに聴こえないんですよね。ガナればガナるほど白く、あと大げさに聴こえます。

個人的に気に入ったのはKanyeプロデュースでOUTKASTのアンドレが参加した5.Partyアシャンティの2ndに通じるまったりした夏っぽいグルーヴが心地良いです。次点でDrakeに通じる宇宙的なトラックにビヨンセの張りのある声が響く3.I Miss Youなんかも好きです。DiploSwitchが絡んだ10.End Of Timeなんかも爽やかなんだけどマーチングバンドが絡んでて面白い。
ただ、それ以外の曲があまり楽しめなかった。ビヨンセのミッドやバラードが好きな人にはいいんでしょうが...アメリカンビッグバラードみたいな曲が多くて個人的にアルバム1枚通して聴くのは辛かったです11.I Was Hereとかは映画の主題歌っぽいですね。Sean Garrettのおさがりの13.Lay Up Under Meは完全に原曲の方が良い。

個人的に前作もあまり楽しめなかったので、前作のI Amサイドが好きな人には良いかもしれません。
俺はデラックス盤を楽しみに待ちたいと思います。好みが別れる内容だと思うので、視聴は必須かと。


おすすめ曲♪...

comment(0)  trackback(0)

HyunA - Bubble Pop!

2011.07.22

category : K-Pop

HyunA - Bubble Pop!


春にリリースされた1stアルバム“4Minutes Left”からのシングル“Mirror Mirror”が韓国で大ヒットした4Minuteの人気メンバー、ヒョナ。
Billboard Pop 100に楽曲をランクインさせた経歴を持つWonder Girlsの元メンバーでもある彼女は、本人の体調不良からWonder Girlsを早々に脱退しており、グループのブレイクに対してかなり悔しい思いもしたそう。
4Minuteの代表曲“Muzik”の後にリリースされた彼女のソロ第一弾シングル“CHANGE”は、Muzik以上のヒットを記録したそうなので、彼女自体やはりソロ志向が高いのかも。4Minute本体がグループとして飛躍している絶好のタイミングで、ソロとしての第一弾ミニアルバム“Bubble Pop!”がリリースされました。

まず表題曲の2.Bubble Pop!は底抜けに明るいサマーチューン!!しかしビートはダブステップ風味というところが面白い。後半の転調部分ではテンポが落ちて、完全にダブステップ化。どことなくキャバレーっぽい雰囲気も4Minuteのお色気担当の彼女にぴったり。
続く3.Downtownはイントロからブッ飛ぶ内容。催淫的なトラックとヒョナの小悪魔的なラップも相まってリピート率高いです。
レーベルメイトのG.NAを迎えたピアノバラード4.A Better DayDOK2なるラッパーを迎えたシリアスなヒップホップ曲5.Follow Me。これどっかで聴いたことあるような...

これまたなかなか面白い内容。尖った音楽をやっている印象が強い4Minuteですが、ヒョナのソロではまたちょっと違ったアプローチをしてきました。色黒で健康的にイメージチェンジし、Bubble Pop!のPVはなんと沖縄で撮影したそうで。
韓国の飯島直子と言われている(一部で)ヒョナ。これからのソロ活動にも注目ですね。


おすすめ曲♪...

comment(0)  trackback(0)

PrevPage |  to Blog Top  | NextPage
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Copyright ©MUSiC JUiCE. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。